十三夜

昨夜は、最勝院五重塔の麓にある素敵なカフェゆぱんきで、演奏をさせて頂きました。[十三夜]と名付けられたイベントでした。[十三夜]とは、十五夜(旧暦8/15)と並んで、古くからお月見されてきた日だそうで、そんな月夜の晩に、料理と音楽とを楽しんで頂こうという企画でした。

肌寒さが少しずつ冬の気配を運んで、凛とした空気の中に月が浮かんでおりました。ゆぱんきに入るとkoyomiさんの歌声が響いていて、柔らかい光の優しさが会場を包んでおりました。徹君の唄は聴けなかったのですが、温かい歌声が響いていたに違いないと容易に想像できる空間がそこにはありました。僕らも思いきり楽しませて頂きました。お客さんが手を伸ばすと届く位の距離だったり、全員椅子に腰掛けて音量を極端に下げての演奏と、初めての経験だったので多少緊張したものの、終わってみればとても清々しい気持ちになりました。あの演奏やMCで自分の伝えたい事が、少しでも皆に届いていれば嬉しいなと思います。

昨日お越し頂いた皆さん、共演してくれた徹君、koyomiさん、そして誘ってくれたゆぱんき山崎さん。素敵な空間を提供して下さって、本当にありがとうございました。また、皆さんと面白いことが出来ればと思ってます。
[PR]

by kikoenaifuri | 2009-10-31 18:24 | diary