種を蒔く

日曜日はココロネ企画に出演させて頂きました。
3月12日に開催される予定だった今回のイベントはココロネの自主企画、記念すべき第10回目。半年経って、また彼らに再会できたこと、こうして大切なイベントに出演させて頂けること、半年前の出来事をまた改めて思うこと、全てが大事なことだったと思います。当日は雨。そんな中足を運んでくれたお客さんも本当にありがとうございました。物販を見てくれた人もチラホラ。嬉しかったです。
そうそう、京都のsunrain recordsで、自分らが運営するレーベルの音源を取り扱って頂いてます。うちらとvagrant、鳴海徹朗。「この街」で育まれた音楽と語られている。本当に嬉しい。この言葉をもっともっと伝えたい。在りがちな言葉だけど、僕らの音楽はそれ以上でもそれ以下でもない。「この街」の音楽でありたいと強く思う。1人でもそのことに気付いてくれたら、音楽をやっていて良かったと思えるのだろう。


そうした音楽を鳴らすイベントを木曜日に開催します。台風が気になるところですが、音楽やこの街が大切だと感じてくれる方はぜひ。
c0134667_22333382.jpg
fullmoon empire+nor thmall lab presents
"mmm×鳴海徹朗"

2011.09.22(thu)
@ 法涼山圓明寺 (弘前市新寺町62)

open 18:30/start 19:00
ticket ¥1,500

Live Artist
■mmm(ミーマイモー) http://mmm.daa.jp/
千葉生まれ、横浜育ち。
シンガーソングライター。英語が堪能。
09年春、初の音源となるCD-Rアルバム『five till』を鳥獣虫魚より発表、CRJ-tokyoに初登場1位。
プロデュースに宇波拓を迎え、不思議なファースト・フル・アルバム『パヌー』をkitilabelより09年12月にリリース。
10年6月に宅録音源、『フーアーユー』を美人レコードよりリリース。
マリアハトというバンドでも活動中。oono yuukiバンド、王舟バンドでフルートも吹く。

■鳴海徹朗(ナルミテツロウ) http://chiisananiwa.blogspot.com/
ライブ活動はさほど頻繁でなかったが、2011年3月に1stCDR[美しい叫び]をリリース。過去に長谷川健一氏と共演するなど、今では青森のSSWとして無くてはならない存在。
確実に聴く者の心を突き刺すメロディと歌詞を響かせる。どこか切なくて、どこか温かい。そんな唄は、まるでこの街の日々を表しているかのようだ。

鳴海徹朗は40分、mmmは50分のロングセット!週末は様々なイベントがありますが、この街の音を聴ける数少ないイベントだと思います。

この街の音楽の力をしっかりと外へ向けよう。
[PR]

by kikoenaifuri | 2011-09-20 22:34 | diary