country road

c0134667_0175386.jpgc0134667_0181683.jpg
c0134667_0194867.jpg
c0134667_020098.jpg
c0134667_0201011.jpg
c0134667_0202032.jpg
c0134667_0203185.jpg2008年から続けてきた"nuclear soundscape"と言う企画も10回目を迎え、先週土曜日に無事終了しました。全国から、と言ってもまだ東日本からだけですが、本当色んなバンドに来てもらいました。ほとんどのバンドがこの企画で初めて弘前でライブをするといった内容。何の伝手も無いところから、ダメ元で声を掛けさせてもらって、交通費もろくに支払えないかもしれませんって。それでも行ってみたいって言ってくれて、ツアーに来てくれる。今回のbirth、wakamiyaもそうだった。企画1回目から道中地震があったり、突然の出演キャンセルがあったり、お客さんが全然入らなかったり、本当色んなことがありました。それでも来てくれたバンドは最高のライブをしてくれて、足を運んでくれたお客さんも喜んでくれたり。何もしなかったら青森で観られなかったバンドが沢山来てくれました。"聞こえないふりをした"というグループを結成した時も、この企画をスタートさせた時も、やっぱり今でも、自分が楽しめる空間を作るために動かなきゃと思っています。そして、決して多い人数じゃないけど、こうした音楽が好きな人も必ず居るんじゃないかということ。地元のバンドと全国で活動しているバンドが対等にやれるということ。birthの酒井君も地方の音楽の在り方、その土地でしか出来ないことをそれぞれやっていければ変わるんじゃないかって言ってました。僕らもそう思っていて、こんな小さな企画でも、地元の音楽を好きでいてくれる人が少しでも増えたり、何か変わるんじゃないかと、そんなことを未だに性懲りも無く考えています。

今回はオープンから転換などでDokata RecordsのDJ Uマート a.k.a.安全第一が担当してくれました。マサトさん曰く「illでdeepなplay」だったそうです!ライブ写真はノカちゃん。出会ってからずっと写真を撮ってくれる。こうして、記録として残せるのも凄く嬉しい。マグネットのスタッフの皆さんも相変わらずな企画を支えて頂いてありがとうございます。足を運んでくれたお客さんにも本当に感謝しています。皆にとって大事な大事な時間と、僕らにとっても大事な大事な時間を共有できたことは本当に感謝すべきことだと改めて思っています。地元勢の出演者の協力で成立出来ているということも。FOOLIEが出てくれたことは凄く嬉しかった。前田君は高校生の頃から遊びに来てくれていたり、三橋と和也はまた弘前シーンに戻ってきてくれたりと、期待しかないバンド。kallaqriは言わずもがな、今回の企画には外せなかった。アキラ君も無事に帰国して、最高のライブをしてくれた。後は来春までじっくり待っていよう。トリヤベさんもこうしたゴリゴリのバンドばっかりの企画出演を快諾してくれて本当に嬉しかったです。ピアノで弾き語っているのは初見だったし、素晴らしい歌声だった。サヨナライツカは突如現れたインストバンド。ギターのマサトさんが居なかったら、この企画は作れなかった。ありがとうございます。しかし、弘前でインストバンドが増えてきたから僕らの居場所があまり無くなってきているので困ります。
そして、今回のゲストbirth、wakamiya、来れなかったけど酒田のsendには最大の感謝を!またゼヒ来て欲しい!それぞれの活動のことをライブを通して感じたり、もっとゆっくり話したいと思ってます。地方から発信することの意味について。本当にありがとう!


最後に今回、僕ら"聞こえないふりをした"は、初めてドラムを招いての演奏。Nino君、お疲れ様!最高に楽しかったし、そんなに遠くない内にまた一緒にやりたいと思ってます。




そして、次回は11月17日(土) @弘前マグネット!
curveとaieが来青します!!!!! http://nuclearss.exblog.jp
[PR]

by kikoenaifuri | 2012-10-24 00:22 | diary