「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:diary( 155 )

明日のこと。

明日は東京からFredelicaというバンドが、impulse recordsというレーベルからリリースした『街灯』という音源を携えて来青します。
彼らの名前を知ったのはもう3年程前、ZというバンドのラストライブイベントがO-EASTで開催され、ギターの渡邊君と一緒に観に行った帰りに一通のメールが届きました。
Fredelicaベースの浅野君から、自主企画への出演依頼でした。僕らの『filter』という音源から聴いてくれていたようで、大変嬉しく思ったのですが、その時は仕事や諸々の事情で断念。今回、こうして同じイベントに出演できることを本当に嬉しく思います。
企画者のNOKAちゃん、kallaqriにはこうした機会を作ってもらい、本当に感謝しています。一緒に出演するfoolieもSource ageも本当に素晴らしく、心から信頼できるバンドだと思っています。町のCD屋さん、unk distroに、私のnorthmalllabも出店させて頂きます。
そんなライブに時間があればゼヒ遊びに来て欲しいなと思っています。
明日のライブはMCをする時間も無いと思いましたので、先に言いたいことを書き綴っておきました。
それでは、明日お会いしましょう。



2016.3.5sat @ 青森サンシャイン

-BAND-
Fredelica(東京)
https://youtu.be/lXXXejbl79o

Source Age
https://youtu.be/0eFAUlU2zRM

kallaqri
https://youtu.be/DMUa85Fg0KE

foolie
https://youtu.be/6ExvV1AuJVg

kikoenaifuriwoshita
https://youtu.be/fsQ4sDyWOpg

-distro-
northmalllab distro
unk distro

open18:30/start19:00
adv¥1500/door¥2000
(ドリンクチャージ無し!持込OK!!)
[PR]

by kikoenaifuri | 2016-03-04 22:16 | diary

hometown murmur

アジカンのゴッチ氏も絶賛したという長谷川健一さんがライブでカバーしたり、森ゆにさんが新譜にまで収録した鳴海徹朗という男のソングライティングセンス。
この間観たHELLA GOODNESSの楽曲のクオリティ。
私が住んでいる街でこれほどの音楽が鳴らされていることを改めて喜ばしいことだと感じました。
少しでも多くの人に彼等の音楽が届いたらと切に願ってます。

鳴海徹朗
https://northmalllab.bandcamp.com/album/--2

DIZO (HELLA GOODNESS)
https://soundcloud.com/mizukidaizo/midnight-laughfeel-so-good

GLMYGLM (HELLA GOODNESS)
https://soundcloud.com/glmyglm/a-short-time-beach
[PR]

by kikoenaifuri | 2015-07-04 23:09 | diary

産声

c0134667_0513160.jpg

c0134667_0524180.jpg


2014年が始まって、早くも15日程経過。明けましておめでとうございます!

昨年末、ようやくレーベル初のコンピレーションアルバムをリリースすることが出来ました。紆余曲折あり、参加者の皆さんには多大なご苦労をお掛けいたしました。が、その甲斐あって、本当に素晴らしいアルバムになったのではないかと思います。レーベルを始めたのも、このコンピを作ったのも、"聞こえないふりをした"というバンドを始めたのも、全てはこれまでの「青森」のイメージを払拭したいという、ただそれだけでした。音楽でいうと青森はメロディックパンク勢のイメージが強く、それ以外のバンドは無いんじゃないかと思われていたこと。これは大袈裟かもしれませんが、実際私が大好きな東京のバンドの方から貰った手紙に書かれていました。その手紙が私をここまで駆り立てたのは事実です(笑)それと同時期にdo itを知ったのも大きな一因でしたね。 そんな中で今回のコンピレーションを作ることが出来たのは大きかった。ゼヒ県外の方にも沢山聴いて頂きたい作品になったと思います。
http://northmalllab.tumblr.com/

バンドの方は1月25日(土)にライブを行います。数年来の友人で、私が魅了させられたunderground photographiesという写真グループでも活動している藍至君がオーガナイズするイベント。「深夜のイベントは時間帯が重なってしまう」「音楽を聴きながらお酒だけじゃなくご飯も楽しみたい」「次の日は仕事だから早い時間で切り上げられれば・・・」「クラブデビューしたいけど、気軽に入れる場所がいい」「音楽だけじゃない何かも一緒に楽しみたい/出会いたい」といった声に応えるべく企画されたイベントです。
DJはもちろんですが、八戸からfree sound ochestraが弘前初ライブを行います!このバンド、本当に格好良いから弘前の方にも観て欲しいです!
それと私達ですが、ライブハウスを主な活動拠点としているグループですが、こうしたクラブミュージックとの邂逅する場を提供したいと常々思っておりましたが、これまでライブハウスでお会いする方がクラブイベントに遊びに来るということはほとんど無かったのが悔やまれます。3人でのライブ活動はこの日を最後に暫く休止となります。何れ3人で活動を再開するとは思いますが、いつになるか、確実に再開できるかは未定。こんな想いのなか、一先ずの区切りに、こうした早い時間帯でのクラブイベントに誘ってもらうというのは何か不思議な縁を感じてます。今まで私達を応援してくれた方にゼヒともお越し頂ければ幸いです。色んな話が出来たらと最高ですね。宜しくお願いします。

【Primavista vol.1】
2014.1.25(SAT)
@ Eat and Talk(弘前市和徳町64) http://p.tl/nRO7
OPEN/START 17:00
ADV/DOOR 1,000円(1D+tovoバッジ)/1,500円

【DJ】randyranzy, bunsho kudo, UT
【BAND】Free Sound Orchestra(八戸), kikoenaifuriwoshita
【Booth】tovo, iconam, Tajio

■フードチケット1,000円(約10種のメニューからお好きな料理を3品選べます)
■追加ドリンクチケット1,000円(2ドリンク or 3ソフトドリンク)
※当日店内で販売いたします。

http://www.facebook.com/primavistaclubhirosaki
[PR]

by kikoenaifuri | 2014-01-16 00:53 | diary

ヒトトナル

今日もりんごの選果をして帰宅。今年になってから毎日りんごの傍で仕事をしていて、農家の人ほど大変ではないけれど忙しく過ごしています。
先日、職場に友人家族が遊びに来てくれた。すっかり「親」としての貫録があって驚いたけれど、頼もしくも見え、何だか嬉しい気持ちになった。子を持つ親の気持ちとは一体どんな感じなんだろうかと思ったりした。来年、そんな気持ちを自分でも実感できるというのは不安もあるけれど、やはり楽しみな気持ちが大きいものである。

とまぁ、バンドと関係あるのかないのかという話ですが。夫婦でバンドをやっているもので、なかなか3人でのライブは難しくなりそうではありますが、渡邊君と”聞こえないふりをしたduo"や"yott(メンバー募集中)"なんかもやるかもしれませんので引き続き宜しくお願いします。それと、今年は仕事の都合もあり、県外ライブもいくつかお誘い頂いたのですが、全てお断りしてしまったのは非常に申し訳ない気持ちと自分自身残念な気持ちでいっぱいです。懲りずにお誘い頂けたら嬉しいです。

そんな"聞こえないふりをした"ですが、明日久々にライブハウスで演奏させて頂きます。青森で大好きなイベント"0/is"に三度出演させて頂きます。ディストロも久々に持っていきます!お時間ありましたらゼヒ予約をください(笑)
予約はnorthmalllab@yahoo.co.jpで受付中です。

2013/11/9(sat) @ 青森sunshine
"0/is vol.5"
OPEN/START 19:30/20:00
ADV/DOOR 1,500yen (w/1D)
w/Indead(大崎), COBRA STYLE, kallaqri, THE EARTH EARTH, The Majestic Tribes


それと、"聞こえないふりをした"と"nor thmall lab"のホームページを一新しました。
http://kikoenaifuriwoshita.tumblr.com/
http://northmalllab.tumblr.com/
[PR]

by kikoenaifuri | 2013-11-08 23:57 | diary

nuclear soundscape


今週土曜日はいよいよ約半年振りに開催する【nuclear soundscape】です。
ここ最近コンスタントに開催してきた企画でしたが、結婚したり、職場環境が変わったり、レーベルのことをやったりと、なかなかこの企画の準備をすることが出来ませんでしたが、ひょんなことからEXTRUDERS鳥山さんから連絡を頂き、今回彼らのリリースツアーを開催することとなりました。楽しみです!

「青森はメロディックのシーンが強いみたいだね」

と、尊敬するバンドの方から頂いた手紙に書かれていました。全国(ほんの一部の音楽好きな方)から見ても、その印象しかないのだろうと内心ショック。本当は「青森の音楽」って「それ」だけじゃないのにな~…なんて思ったものです。このままだと自分が尊敬するバンドとはいつまでたっても対バンすることなんて無理だと思ったし、青森の本当に格好良い音楽が埋もれてしまうんじゃないかと。それは今でも常に感じてることですが、それ以来、自分たちの「音楽」でもっともっと勝負(こう言うと大袈裟ですが)しないといけないと。僕には先輩も後輩も居なかったし、一緒にライブをしていた友達は解散して居なくなって、何一つ教えてくれる人は居なかった。けど、必死に自分達の音楽を認めて欲しいと思った。「コミュニティ」だけに頼るだけじゃなく、「音楽」そのもので。

結果は出ていないけど(笑)

土曜日お暇な方はゼヒお越し下さいませ。


nuclear soundscape
- EXTRUDERS "colors" release tour -

2013.7.6(sat)
@ Robbin's Nest (青森県弘前市大町1-3-16)

open/start 18:30/18:30
adv/door ¥1,500/¥1,800 (+1drink ¥500)

http://nuclearss.exblog.jp/

■live artists
EXTRUDERS (横浜)
2007年1月、デビューミニアルバム「Neuter」、そして2008年5月には、ファーストアルバム「Hustle And Bustle」をリリース。日本人離れした独自な世界観を持ったサウンドが評判となり、ジャンルやシーンの垣根を越えて精力的に活動。少ない音数で緻密に構築されていくストイックなアンサンブルと囁くような低音ヴォーカルが織り成す、張り詰めた緊張感と息をのむ程の美しさが同居するそのサウンドスケープは、日本の既存のバンドとは確実に一線を画する唯一無比な存在と言えるだろう。

YamanakaAkira + maitadaisuke (八戸)
『茶らんビートバンド』メンバーとして大庭れいじ主催『愛と平和の言霊』シリーズに初回から参加し、最近では『桜田まこと』ニューアルバムのレコーディングに参加するディジュリドゥ奏者NakayamaAkiraと、『虹色フラワー』にも参加するキワモノ系オリジナル弦楽器奏者maitadaisukeによるデュオ。両者とも初来弘となり、どんなサウンドを響かせるのか?

Jamie Squeeze (弘前)
2004年 船水、前任のb、drで結成。活動休止/幾度かのメンバーチェンジを経て現メンバーとなる。2枚のデモ音源を発売。2009年春には弘前のローカルレーベル[nor thmall lab]より6曲入りCD[invisible will]を発売し、県内外のリスナーから支持されている。

kikoenaifuriwoshita (弘前)
2007年夏結成/(基本的に)インストゥルメンタルグループ。
ambient, drone, electronica, noise等の要素を取り入れた楽曲を軸に、青森県内(外)でマイペースにライブ活動を行う。LOSTAGE、こだま和文、石橋英子×千住宗臣、近藤等則、工藤冬里(Maher Shalal Hash Baz)×川手直人らの青森公演でフロントアクトを務める。
[PR]

by kikoenaifuri | 2013-07-04 01:22 | diary

誰も知らない

音楽が鳴っていたり、面白い(興味深い)活動している人が居る。「誰かが知っている」や「誰もが知っている」ものに変わっていったら嬉しい。そう思ってレーベルを初めて約5年が経った。
高校生の頃にcali gariというヴィジュアル系バンドに出会って、レーベルというもの、ジャケットやフライヤーのデザインの重要さを知った。大学生の頃にmonoというインストバンドに出会って、インディペンデントの面白さ、インストバンドという存在を知った。それからどんどん日本のインディーシーンにのめり込んでいく。所謂「DIY」というものを知った。ライブ企画、ファンジン等、彼らが様々なツールで自分達の考え方を「表現」していること。
大学生の頃にやってみたかったレーベル。社会人になり、前のバンドが解散する辺りに実現しようと試みた。手探りも手探り、何をすれば良いのか分からない、けど行動しようと。未だにレーベルらしいことなんて何一つ出来ていないような気もするし、「レーベル」というものをこの街に根付かせようとしたけど、それもきちんと表現できてない。ただ、今でも考えているのはこの街の音楽を外に出したいということ。上手くいってないものの、リリースした作品が一人歩きしていく違和感。喜ばしいことなのに、どこかしっくりこなかったり。必要なのか不必要なのか。こんなことを考えること自体がナンセンスではあるものの、果たしてこの活動自体が「誰か」にとって興味深いものであるのか。人の評価が全てではないと思っているが、それが一つのモノサシになることも事実。限られた時間を費やしてやるからには意味のあることを続けたい。以前までの様にもう時間は無い。

この5年という時間で何が変わって、何が変わっていないのか真剣に考える必要があるのだと。たった5年と思われるのだろうか。けど、10年続けても何も変えられない人も沢山居る。誰も手を付けてこなかったことをやってきた自負もある。と、自分が正しいと言いたいだけなのか。

だいぶ疲れて、弱ってるところで、こんなことされると心が揺さぶられる。ありがとう。今日はどんなライブをしているのだろうか。思う存分楽しんで。




今レーベルやバンド、僕がやりたいことの意義を再考している。

今年最後のライブは11月17日(土)。時間があったら遊びに来て下さい。
チケットは2,000円なんで、決して安くは無いけど、自分にとって大切な「何か」を探している人に、ヒントは与えられると思います。そんなライブをしています。詳細はhttp://nuclearss.exblog.jpをご覧ください。
[PR]

by kikoenaifuri | 2012-11-02 22:35 | diary

country road

c0134667_0175386.jpgc0134667_0181683.jpg
c0134667_0194867.jpg
c0134667_020098.jpg
c0134667_0201011.jpg
c0134667_0202032.jpg
c0134667_0203185.jpg2008年から続けてきた"nuclear soundscape"と言う企画も10回目を迎え、先週土曜日に無事終了しました。全国から、と言ってもまだ東日本からだけですが、本当色んなバンドに来てもらいました。ほとんどのバンドがこの企画で初めて弘前でライブをするといった内容。何の伝手も無いところから、ダメ元で声を掛けさせてもらって、交通費もろくに支払えないかもしれませんって。それでも行ってみたいって言ってくれて、ツアーに来てくれる。今回のbirth、wakamiyaもそうだった。企画1回目から道中地震があったり、突然の出演キャンセルがあったり、お客さんが全然入らなかったり、本当色んなことがありました。それでも来てくれたバンドは最高のライブをしてくれて、足を運んでくれたお客さんも喜んでくれたり。何もしなかったら青森で観られなかったバンドが沢山来てくれました。"聞こえないふりをした"というグループを結成した時も、この企画をスタートさせた時も、やっぱり今でも、自分が楽しめる空間を作るために動かなきゃと思っています。そして、決して多い人数じゃないけど、こうした音楽が好きな人も必ず居るんじゃないかということ。地元のバンドと全国で活動しているバンドが対等にやれるということ。birthの酒井君も地方の音楽の在り方、その土地でしか出来ないことをそれぞれやっていければ変わるんじゃないかって言ってました。僕らもそう思っていて、こんな小さな企画でも、地元の音楽を好きでいてくれる人が少しでも増えたり、何か変わるんじゃないかと、そんなことを未だに性懲りも無く考えています。

今回はオープンから転換などでDokata RecordsのDJ Uマート a.k.a.安全第一が担当してくれました。マサトさん曰く「illでdeepなplay」だったそうです!ライブ写真はノカちゃん。出会ってからずっと写真を撮ってくれる。こうして、記録として残せるのも凄く嬉しい。マグネットのスタッフの皆さんも相変わらずな企画を支えて頂いてありがとうございます。足を運んでくれたお客さんにも本当に感謝しています。皆にとって大事な大事な時間と、僕らにとっても大事な大事な時間を共有できたことは本当に感謝すべきことだと改めて思っています。地元勢の出演者の協力で成立出来ているということも。FOOLIEが出てくれたことは凄く嬉しかった。前田君は高校生の頃から遊びに来てくれていたり、三橋と和也はまた弘前シーンに戻ってきてくれたりと、期待しかないバンド。kallaqriは言わずもがな、今回の企画には外せなかった。アキラ君も無事に帰国して、最高のライブをしてくれた。後は来春までじっくり待っていよう。トリヤベさんもこうしたゴリゴリのバンドばっかりの企画出演を快諾してくれて本当に嬉しかったです。ピアノで弾き語っているのは初見だったし、素晴らしい歌声だった。サヨナライツカは突如現れたインストバンド。ギターのマサトさんが居なかったら、この企画は作れなかった。ありがとうございます。しかし、弘前でインストバンドが増えてきたから僕らの居場所があまり無くなってきているので困ります。
そして、今回のゲストbirth、wakamiya、来れなかったけど酒田のsendには最大の感謝を!またゼヒ来て欲しい!それぞれの活動のことをライブを通して感じたり、もっとゆっくり話したいと思ってます。地方から発信することの意味について。本当にありがとう!


最後に今回、僕ら"聞こえないふりをした"は、初めてドラムを招いての演奏。Nino君、お疲れ様!最高に楽しかったし、そんなに遠くない内にまた一緒にやりたいと思ってます。




そして、次回は11月17日(土) @弘前マグネット!
curveとaieが来青します!!!!! http://nuclearss.exblog.jp
[PR]

by kikoenaifuri | 2012-10-24 00:22 | diary

キヨリ

c0134667_1235356.jpg
明日、今年3回目の自主企画を行います。山梨の3ピースカオティックハードコアバンド"birth"のレコ発になります。
ツイッターの会話から、こうして好きなバンドを招聘することが出来るのは現代ならではのこと。SNSが発達して、遠くにいる人とも同じものを共有出来るようになったんだなと。しかし、誰しもこれが全てだと思ってはいないはずで、実際に顔を合わせ話したり、同じ時間を共有することが本来目指すところなんだなと思います。SNSはあくまでツール。しかし、普通に生活していたら出会えなかった人間と実際に顔を合わせて、楽しいと思える時間を作れることに繋がるっていうのは個人的には嬉しいことだと感じています。そんな時間を明日も作りたいと思います。聞こえないふりをしたのライブも今年はあと2本。サヨナライツカも間もなく活動ペースが落ちるようです。いつまでも続くモノを作りたいとは思いますが、現実は難しいものです。

この機会にゼヒ遊びに来て欲しいです。



【 nuclear soundscape vol.10 - birth "イシヨ" release party - 】

■2012.10.20(sat)

■@ Mag-Net (青森県弘前市元寺町35 オリオンビル2階)

■open/start 17:00/17:30

■adv/door ¥1,500/¥2,000 (+1drink ¥500)

■time table
17:30~17:55 FOOLIE (stage)
18:00~18:25 kallaqri (floor)
18:35~19:05 wakamiya (stage)
19:10~19:35 聞こえないふりをした×Nino (floor)
19:40~20:05 ヨーコトリヤベ (stage)
20:10~20:35 サヨナライツカ (floor)
20:40~21:10 birth (stage)

■live artists

birth(甲府) http://birth-web.net
山梨を拠点に活動する3ピースカオティックハードコアバンド。ストレンジで毒を孕んでいながらも、どこかキャッチーなメロディが印象的。自主企画では国内インディーシーンと呼応し合い、海外バンドとのツアーを経験するなど、その精力的な活動は目を見張るものである。2012年3月、LOVE the FATE recordsより待望のアルバム”イシヨ”をリリース。そのリリースツアーである今回の企画。彼らの青森初ライブを見逃すな!


wakamiya(東京) http://wakamiyaband.web.fc2.com
山形出身、現在は東京を拠点に活動するEMO/激情ハードコアバンド。叙情的なサウンドメイキングと感情を露わにするボーカル。その完成された楽曲、ライブは多くのリスナーを魅了している。2012年1月から4か月連続自主企画も行い、青森からkallaqriを招聘するなど、同年代のバンドからの厚い支持を受けている。新作epを携え初来青する!


kallaqri(青森) http://tosp.co.jp/i.asp?I=kallaqri
2006年に結成された、ボーカル、ギター、ツインベース、ドラムの変則5ピース激情ハードコアバンド。幾度かのメンバーチェンジ後、現メンバーになる。唄い叫ぶボーカル吉田のステージング、それを支える叙情的且つ激情的な楽器隊は、まるで一つの舞台作品を観ているかの様である。青森屈指の若手ハードコアバンドとして、県外でも積極的にライブ展開をしている。2012年7月のライブ終了後、来年春までの活動休止に入っているが、本企画の為だけに復活!


ヨーコトリヤベ(弘前) http://www.myspace.com/yokotoriyabe
弘前在住のシンガーソングライター。エレクトロニカ、ゴスペル、ポップス等を融合した楽曲の中、特筆すべきはその歌声。時に全てを包み込むように優しく、時にソウルフルに力強く放たれる歌声は聴く者を魅了し続けている。彼女が生み出してきた楽曲やその独自の活動スタンスから、弘前を代表するオルタナティブアーティストであると言えよう。この機会に是非その歌声に耳を傾けて欲しい。


FOOLIE(弘前) http://www.freepe.com/i.cgi?foolie1
G/Vo前田、B三橋、Dr工藤で結成した3ピースオルタナティブロックバンド。過去に様々なバンドを経験してきた鉄壁のリズム隊に、ギターボーカル前田が綴るメロディが交じり合う。青さを見せながら確かな熱を帯びて疾走していく唄。これからの弘前音楽シーンを牽引していくであろう彼らのライブは必見である。


サヨナライツカ(弘前) http://soundcloud.com/sayonaraitsuca
弘前を拠点に活動する4人組インストポストロックバンド。ライブ毎にパートが変化したりと、個々の演奏能力の高さを見せる。絡み合う2本のギターとエモーショナルに鳴らされるリズム隊は、toeやmirror等の影響を色濃く伺わせる。様々な表情を垣間見せ、激しい展開を持つ楽曲を鳴らす彼らは、現在のインディーシーンと呼応していくであろう弘前では稀有な存在。


聞こえないふりをした × Nino(弘前×福岡)
2007年夏結成/(基本的に)インストゥルメンタルバンド。
ambient/drone/electronica/noise等の要素を取り入れた楽曲を軸に、青森県内(外)でマイペースにライブ活動を行う。lostage、こだま和文、石橋英子×千住宗臣、近藤等則らのフロントアクトを務める。
今回のライブでは、福岡を拠点に活動していた五音不全、ruruxu/sinnのドラマーNinoを迎えて、初めて生ドラムを起用してのライブとなる。


チケットのご予約は northmalllab@yahoo.co.jp までメールをお送りください。
[PR]

by kikoenaifuri | 2012-10-19 12:36 | diary

ANSWER SONG

土曜日はムジークⅡにて"Question!!"という新しい企画を開催しました。お越し下さった皆さん、出演してくれた〆ハナマチ、HELLA GOODNESS、ムジーク本多社長ありがとうございました!

今年1月に名古屋の石原ヨシトさんを招いて1度だけスタジオライブしたのですが、その頃から定期的にスタジオライブやライブハウス以外の場所を使った企画を展開しようと思っていたのですが、なかなか実行できませんでした。今年は幸いなことにライブハウスでの企画"nuclear soundscape"を順調(!?)に行うことが出来ていることや青森の"0/is"がスタートしたので、ちょっとばかし余裕が無かったんですが、HELLA GOODNESSのDIZO君とイエローサブマリン君と話していてスタジオライブ熱が一気に高まりました。僕らの普段の活動場所は勿論ライブハウスではあるけれど、もっと演奏する側も見る側も負担にならないやり方もあるのではないかと考えている。ライブハウスではある程度の料金設定をしないと企画自体が成り立たないこと、その料金設定により間口を狭めている可能性があるということ。もっと気軽に身近な音楽に触れられる環境もあっても良いのかなと思っています。でも、決してこれで完結するために行っているわけじゃなく、そうして触れてくれた方がライブハウスに足を運んでくれたらと思ってます。

「疑問」を持つということは、次へ繋がる道を探すということ。常に前へ進む為の作業。僕らが運営しているレーベルも然り、全ては現状への「疑問」からスタートしています。地元の音楽をどうやって外の人へ見せていくのか。どうしたら普段ツアーで青森に立ち寄らないバンドを招聘できるのか。どうしたらライブにお客さんが来てくれるのか。
土曜日のスタジオライブで観たバンド、空間を少しでも「良い」と感じてくれた方が居たら、友達や知人にどんどん話していってほしいと思います。それが次に繋がるきっかけになると思いますので、心の底からお願いしたいです。

そんな当日のライブについて。

c0134667_2358444.jpg
〆ハナマチはこの日が初対面!彼らのライブを観る機会がなかなか訪れず、結局は当日初めて話して、ライブを観るといった状況。噂は聞いていたけど、それを遥かに凌駕する完成度、ライブバンドぶりにビックリしました。弘前にもまだまだスゴいバンドが居るなと実感。ムジーク社長もお気に入りになった模様だし、このタイミングで一緒に出来たことは非常に大きい。マグネットスタッフのチホちゃんに感謝!


c0134667_23584990.jpg
聞こえないふりをしたは相変わらずの空気感でやれたかなと。リハを3人でやれたらベストだったかなと思います。


c0134667_2359776.jpg
んで、トリはHELLA GOODNESS!今回はシンゴクラスタール、Frozen the MCという2人のMCを加えた編成で出演。相変わらず素晴らしいトラックに、やっぱりシンゴ君のリリックは聴き応え、見応えがあるなと思った。もっともっと色んな人に見て欲しいなと思う。初見のフローズン君もクールな出で立ちで、イエローサブマリン君とのメロウな1曲"斜陽(http://youtu.be/JU73zeoSXgE)"も披露した。これまた素晴らしい1曲なのでゼヒ聴いてみて欲しい!DIZO君とシンゴ君は11月のTHA BLUE HERB秋田公演に出るので興味を持った人が居たらゼヒ!

トータル30~40人位のお客さんが来てくれました。正直部屋が狭すぎてご迷惑をお掛けしたと反省しております。聞こえないふりをしたの課題は山積み。この日のお客さんは、9割ヘラと〆ハナマチのお客さんだった。5年もやってお客さんを呼べないのは重症だなと感じる。止めはしないけど、普通だったら活動も危うくなる様な状況であることは間違いない。どうにかしないとと毎度の課題。

そんな中、10月20日はマグネットにて今年3回目の"nuclear soundscape"です。山梨から"birth"、酒田から"send"、東京から"wakamiya"の3バンドを招いてのライブです。改めて告知させて頂きますが、ゼヒお越し頂けたらと思います!詳細はひとまずこちらを!http://nuclearss.exblog.jp
[PR]

by kikoenaifuri | 2012-10-02 00:02 | diary

疑う。

2012年9月29日(土)

nor thmall lab presents "Question!! vol.1"

at Musik2(弘前Mag-Netの上)

open/start 22:00
adv/door ¥500/¥700
※予約は、northmalllab@yahoo.co.jpで受付中。

HELLA GOODNESS


〆ハナマチ


聞こえないふりをした


今年の1月に初めてスタジオライブを企画して、それ以降やれてなかったのでここらでもう1回やります。定期的にこうしたイベントをやっていきたいとは思っていますが、現実は思った以上に厳しいです。が、やっぱり楽しい場所は自分達で作らないと始まらないらしいです。ちょっとしたことで楽しい場所って出来るみたいです。待ってるだけではダメなんです(汗)三者三様、不思議な組み合わせの3マン。
当日はマグネットでDEADSTOCKのレコ発があります。その後、ゼヒ覗きに来てください。HELLA GOODNESSは、プラス2MCでのライブ予定、〆ハナマチも初めて対バンします。

また、この日から鳴海徹朗の2ndアルバム『火まつり』を発売出来るかも!

スタジオは狭いので人数制限かけるかもしれません(かける位入ったら嬉しいという話です)ので、予約してもらえたら幸いです。お待ちしてます!
[PR]

by kikoenaifuri | 2012-09-25 20:41 | diary