カテゴリ:diary( 155 )

未来の鳴る方へ

3月11日の企画から早1週間以上経過。日記を更新しようと思うものの、なかなか時間を見つけられずにおりました。改めて、あの日弘前マグネットへお越し下さった皆さん、本当にありがとうございました!初めて直接お会いしてお話出来た人、久しぶりに会う人。もっともっと話したかったんですが、バタバタしていて…。次回はゆっくり話したいと思うのでヨロシクお願いします。

偶然、3月11日と言う日に僕らは生きていて、また音楽を演奏させてもらって、沢山の人が聴いてくれて、色んな想いを共有出来たんじゃないかって、そう思っています。「あの日」のこと、「これから」のこと、そして今マグネットという空間を楽しんでいるということ。本当に嬉しいと思ったら涙が少しだけ零れていました。
VALONは今後ゆっくりと活動することになるし、イシザワユカリちゃんも別の地に行ってしまうそうだけど、頼もしい若い世代の彼らとはまた同じステージで共演したいと思います。DIZO君とシンゴ君は、個々のスキルももちろんだし、どんどん色んな活動をして、色んな人に観てもらいたいと切に願っている。彼らの音楽にはこの土地への愛を感じる。青森市から出演してくれたA9は毎度毎度ド迫力のライブ。いつ観てもスカッとするその音は青森アンダーグランドの至宝だと思っています。SOURCE AGEはフロアでのライブ。フロアでSOURCE AGEなんて早々無いんじゃないかと。こんな2バンドがひっそりと活動していること自体が恐ろしいなと思います。Yuragi Spinことユーヘイさんが作り出す世界はこの青森に無ければならないモノだと思います。アンビエントシーンを今後もっともっと盛り上げていきたいと思います。仙台からのゲストのNoeyeとCONTRAIRE。前回来た時も見逃していて、ずっとずっと気になっていた存在。仙台での活躍は素晴らしく、若いながらシーンを牽引する2バンドだと思っていたので、こうして一緒にやれて嬉しかった。音楽はもちろん、その人柄もまた好印象でした。彼らのスプリットは自分のディストロでも取り扱っていますのでゼヒ!そして、Jamie Squeezeは一緒にこの企画を背負ってきたバンド。正直しんどくて、辞めようかと思ったものの踏ん張れたのは彼らが居たからだと思います。素直に音楽を楽しもうというスタンス。そこから始まること。そういうことなんだと思いました。
今回はチケット代から100円という見事に微少な額ではありますが、「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」へ募金します。53名入場だったので5,300円、それにサヨナライツカの音源販売分600円の5,900円です。その他、鳴海徹朗「美しい叫び」売上から一部、私のソロも現在までに6枚(泣)売れましたので、その辺を合算した形で募金したいと思います。微々たるものですが、ここから少しずつ少しずつ続けていけたらと思います。ご来場下さった皆さん、本当にありがとうございました!折鶴も大切な場所へ届けたいと思います。
青森・弘前にもいろんな音楽や表現活動があって、それを皆さんへ伝えられたらなと思ってます。今までもこれからもその気持ちは同じで、僕らやライブへ来てくれる方が「何か」を始めるきっかけになったらなと。だから、もう少しの間で構わないので、地元の音楽を信じて欲しいなと思っています。まだまだ伝えきれていないので。


そんなこんなで、今週末ライブをします。久し振りの青森サブライム。

マメピーpresents【points and lines】

2012年3月24日(土)
@ SUBLIME (青森市中央4-11-6-1)

open/start 16:30/17:00
adv/door \2,000/\2,500(1D付)

<LIVE>
■死んだ僕の彼女(埼玉)
http://www.mydeadgirlfriend.jp/
■PLASTIC GIRL IN CLOSET(盛岡)
http://music.geocities.jp/plasticgirlincloset/
■The Earth Earth(青森)
http://www.myspace.com/theearthearth
■lef(山形)
http://www.myspace.com/lefhsjht
■dinner(山形)
http://www.nodens.jp/dinner/
■pumpkin coquettish(仙台)
http://pumpkin-cqts.jimdo.com/
■broken little sister(横浜)
http://www.myspace.com/brokenlittlesister
■マルチ放電(鶴岡)
http://mulchspark.net/
■聞こえないふりをした(弘前)
http://kikoenai.exblog.jp/

ジャパニーズシューゲイザーシーンの旗手『死んだ僕の彼女』を筆頭に、
各地からシューゲイザー、オルタナティブ、インストゥルメンタルバンドが集結!地元青森からも、他県勢に引けをとらない若手バンドが参加。
※うちらは"若手"じゃないけど(汗)

まだまだ予約受付中です。うちらは1番手!ヨロシクお願いします!


そして【nuclear soundscape】ですが、6月23日はakutagawaを招聘して、10月20日は山梨のbirth、酒田のsendを招聘して開催する予定。
ディストロも続々入荷。青森のThe Earth EarthのアメリカはシアトルのJigsaw Recordsよりリリースした"matador is dead"。山形のlefの1stCD、金沢のNINGEN OKのライブ盤等々。stiff slack内のabsenteeのステッカーも大量に貰ってきたので、欲しい方にあげます(笑)

今年はまだまだ色々と動きのある1年になると思います!
[PR]

by kikoenaifuri | 2012-03-21 02:38 | diary

世界はただ、輝いて

少々風邪気味の体で、今日はマサトさんと明日の機材搬入。機材搬入後はラーメン。ガッツリしたラーメンでした。

明日は僕らの企画ライブです。
東北の音楽はこんな感じです!

nuclear soundscape vol.8
- Noeye / CONTRAIRE split CD "MAY" & yuragi spin "帆は輝きて今、樹間過ぐ" release party -

■2012.03.11(sun)

■@ Mag-Net (青森県弘前市元寺町35 オリオンビル2階)

■open/start 16:00/16:30

■adv/door ¥1,500/¥2,000 (+1drink ¥500)
※高校生以下は身分証明書提示で¥500割引になります。
※チケット代から100円を東日本大震災復興義捐金へ寄付させて頂きます。

■live artists
Noeye (仙台)
Noeyeは仙台のスリーピースカオティックハードコアバンドだ!音はカオティックながらGt.Voの黒本氏によるギターは飛び道具に富んでいて、さらに黒本氏とBa.森氏によるシャウトの掛け合いなど見所満載だぞ!Dr.工藤氏はかわいいぞ!(Nagamineral from Camel)
今宵はNoeyeの曲が弘前のライブハウスに響く!
http://45.xmbs.jp/meganeNoeye/

CONTRAIRE (仙台)
2008年に結成。結成当初はOBT(Guitar/Vocal)、KUDO(Drum)+Bassの3ピースオルタナティブバンドとして活動していたが、常に新しいものを生み出したいという欲求から音楽性は次第に変化し、2009年よりOBT(Guitar/Effect/Percus)、KUDO(Drum)という現在の2ピースインストバンドとして活動を始める。エレクトロニカ・ダンス・ロックミュージックの融合を試み、リズムや意外性に特化した展開の音楽を作り上げようと日々面白考案中。東北地下シーンを盛り上げているイベント「THE LAST CHORD」の主催者でもある。
http://freepe.com/i.cgi?contraire

Yuragi Spin (青森)
青森の日常を記録する、青森発のアンビエント作家。たゆたうその音は、水面に反射する春の日射しであり、深々と降り積もる真夜中の雪である。イベント当日の2012年3月11日、nor thmall labより1st音源「帆は輝きて今、樹間過ぐ」をリリースする。本イベントが初ライブとなる。
http://soundcloud.com/yuragi_spin

SOURCE AGE (青森)
1995年に結成し、青森市を中心に活動する。2009年には、青森を代表するシューゲイザーバンドCa-Pとのsplitを発表。ヒリヒリと切れ味鋭い楽器隊の絡みが生み出すスリリングな展開。正真正銘、青森至高のポストハードコアバンド!音に真摯に向き合う彼らのライブをその目で確かめて欲しい。
http://www.myspace.com/sourceage

A9 (青森)
青森を代表するハードコアの雄。重厚且つテクニカルな楽器隊と女性ボーカルが圧倒的な世界を作り出す。そのライブパフォーマンスは観るものを釘付けにすること間違い無し。彼らを観ずして、青森のアンダーグラウンドシーンを語ることは到底出来ない。
http://www.myspace.com/_a9_

DIZO×シンゴクラスタール (弘前)
不定期結成。ラップトップで音楽創作するDIZOとMCのシンゴクラスタールによる突発性行雲流水型ユニット。DIZOが創り上げる深い夜に浮かび瞬く星のように煌めくトラックと、この街に生きる人間でなければ紡ぐことの出来ないリリックを繰り出すシンゴクラスタールの音は一聴の価値在り。
http://northmalllab.bandcamp.com/track/longest-night

VALON×イシザワユカリ (弘前)
弘前を拠点として活動するBa/VoとDrの"印象派"ユニット。VALONはフィンランド語で「光の中へ」を意味する。今回は同じく弘前を拠点とする、キーボード弾き語りアーティストのイシザワユカリをゲストに迎えてのニュースタイルで登場!

Jamie Squeeze (弘前)
2004年 船水、前任のb、drで結成。活動休止/幾度かのメンバーチェンジを経て現メンバーとなる。2枚のデモ音源を発売。2009年春には弘前のローカルレーベル[nor thmall lab]より6曲入りCD[invisible will]を発売し、県内外のリスナーから支持されている。
http://www.myspace.com/jamiesqueeze

聞こえないふりをした (弘前)
2007年夏結成/(基本的に)インストゥルメンタルバンド。
ambient/drone/electronica/noise等の要素を取り入れた楽曲を軸に、青森県内(外)でマイペースにライブ活動を行う。lostage、こだま和文、石橋英子×千住宗臣、近藤等則らのフロントアクトを務める。自主企画[放れる群像]を開催している。
http://kikoenai.exblog.jp

■photo exbihition
NOKA
不定期開催ながら絶大な人気を誇るイベント"MOSH PIT BUSTER"や"MORE FUN"を企画。また、ライブでのカメラマンとして活動し、彼女の捉えた「その瞬間=写真」からはその場の空気感や音楽までも感じ取ることができる。本企画では初の音楽以外の出演となります。
http://www.flickr.com/photos/noka_photography/

■distro shop
unk distro
http://unkdistro.cart.fc2.com/

hand in hand distro
http://kikoenai.exblog.jp/i10/


[info] http://nuclearss.exblog.jp


大好きな仲間と、大好きな音楽を演奏して、それに耳を傾けてくれる方が居て、本当に幸せです。世界が壊れそうになって、それでもまたこうして日常を送ることが出来ています。もう元通りにならないかもしれないけど、僕らは何かを作り出すことが出来るはずです。そしたら、世界は輝いて見えるのだろうと思います。
明日のチケット代からの100円募金は、「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」へ寄付したいと思います。本当に微々たるものになると思います。それでも、明日遊びに来てくれる方と僕らが一緒に「作り出せる」モノだと思っています。折紙は受付じゃなくて、hand in hand distroに置いておきます。折鶴を作ってくれたら、ディストロ商品100円割引?ゼヒ!


明日、弘前マグネットでお待ちしております。お時間ありましたらゼヒ。
[PR]

by kikoenaifuri | 2012-03-11 00:19 | diary

それは喉が渇けば水を飲むようなことさ

東京出張より無事帰還し、また慌ただしい日々を過ごしております。
青森から東京へ向かう瞬間、茨城県北部でまた強い地震が発生したりと、否が応でもこの1年はこのことが頭から離れることは無かった年だと思ってます。1年前の日記でも書いたのですが、仕事でも本当に走り続けて来たけど思うような結果は得られないまま。そんなことより大変だった人が沢山居たこともわかっている。

ただ、僕らは生きていて、電気を使って、音楽をまだやり続けることが出来てるっていうこと。

3月11日にライブ企画をやります。

僕らは音楽が好きで、バンドをやっていて、曲を聴いてくれる人が居て、ライブという空間を共有出来ればと思ってます。至って普通に、シンプルに。震災復興とかそんな立派な名目は無いけれど、チケット代から100円を震災復興の義捐金に寄付したいと思っています。あと、受付でドリンクチケットと一緒に折り紙を配れればと考えています。折鶴を折れる人が居たら、是非折ってくれたらと思います。ライブの日がこの日になったのは本当に偶然。けど、3月11日っていうのは、僕の大切な人も大変な思いをしていたということを忘れることは出来ないから。僕らがやれることを少しでも出来たらと思います。

高校生以下の方はチケット500円割引もします。若い子にも観て欲しいと思っています。まだまだ予約受付中です!


nuclear soundscape vol.8
- Noeye / CONTRAIRE split CD "MAY" & yuragi spin "帆は輝きて今、樹間過ぐ" release party -

■2012.03.11(sun)

■@ Mag-Net (青森県弘前市元寺町35 オリオンビル2階)

■open/start 16:00/16:30

■adv/door ¥1,500/¥2,000 (+1drink ¥500)
※高校生以下は身分証明書提示で¥500割引になります。
※チケット代から100円を東日本大震災復興義捐金へ寄付させて頂きます。

■live artists
Noeye (仙台)
Noeyeは仙台のスリーピースカオティックハードコアバンドだ!音はカオティックながらGt.Voの黒本氏によるギターは飛び道具に富んでいて、さらに黒本氏とBa.森氏によるシャウトの掛け合いなど見所満載だぞ!Dr.工藤氏はかわいいぞ!(Nagamineral from Camel)
今宵はNoeyeの曲が弘前のライブハウスに響く!
http://45.xmbs.jp/meganeNoeye/

CONTRAIRE (仙台)
2008年に結成。結成当初はOBT(Guitar/Vocal)、KUDO(Drum)+Bassの3ピースオルタナティブバンドとして活動していたが、常に新しいものを生み出したいという欲求から音楽性は次第に変化し、2009年よりOBT(Guitar/Effect/Percus)、KUDO(Drum)という現在の2ピースインストバンドとして活動を始める。エレクトロニカ・ダンス・ロックミュージックの融合を試み、リズムや意外性に特化した展開の音楽を作り上げようと日々面白考案中。東北地下シーンを盛り上げているイベント「THE LAST CHORD」の主催者でもある。
http://freepe.com/i.cgi?contraire

Yuragi Spin (青森)
青森の日常を記録する、青森発のアンビエント作家。たゆたうその音は、水面に反射する春の日射しであり、深々と降り積もる真夜中の雪である。イベント当日の2012年3月11日、nor thmall labより1st音源「帆は輝きて今、樹間過ぐ」をリリースする。本イベントが初ライブとなる。
http://soundcloud.com/yuragi_spin

SOURCE AGE (青森)
1995年に結成し、青森市を中心に活動する。2009年には、青森を代表するシューゲイザーバンドCa-Pとのsplitを発表。ヒリヒリと切れ味鋭い楽器隊の絡みが生み出すスリリングな展開。正真正銘、青森至高のポストハードコアバンド!音に真摯に向き合う彼らのライブをその目で確かめて欲しい。
http://www.myspace.com/sourceage

A9 (青森)
青森を代表するハードコアの雄。重厚且つテクニカルな楽器隊と女性ボーカルが圧倒的な世界を作り出す。そのライブパフォーマンスは観るものを釘付けにすること間違い無し。彼らを観ずして、青森のアンダーグラウンドシーンを語ることは到底出来ない。
http://www.myspace.com/_a9_

DIZO×シンゴクラスタール (弘前)
不定期結成。ラップトップで音楽創作するDIZOとMCのシンゴクラスタールによる突発性行雲流水型ユニット。DIZOが創り上げる深い夜に浮かび瞬く星のように煌めくトラックと、この街に生きる人間でなければ紡ぐことの出来ないリリックを繰り出すシンゴクラスタールの音は一聴の価値在り。
http://northmalllab.bandcamp.com/track/longest-night

VALON×イシザワユカリ (弘前)
弘前を拠点として活動するBa/VoとDrの"印象派"ユニット。VALONはフィンランド語で「光の中へ」を意味する。今回は同じく弘前を拠点とする、キーボード弾き語りアーティストのイシザワユカリをゲストに迎えてのニュースタイルで登場!

Jamie Squeeze (弘前)
2004年 船水、前任のb、drで結成。活動休止/幾度かのメンバーチェンジを経て現メンバーとなる。2枚のデモ音源を発売。2009年春には弘前のローカルレーベル[nor thmall lab]より6曲入りCD[invisible will]を発売し、県内外のリスナーから支持されている。
http://www.myspace.com/jamiesqueeze

聞こえないふりをした (弘前)
2007年夏結成/(基本的に)インストゥルメンタルバンド。
ambient/drone/electronica/noise等の要素を取り入れた楽曲を軸に、青森県内(外)でマイペースにライブ活動を行う。lostage、こだま和文、石橋英子×千住宗臣、近藤等則らのフロントアクトを務める。自主企画[放れる群像]を開催している。
http://kikoenai.exblog.jp

■photo exbihition
NOKA
不定期開催ながら絶大な人気を誇るイベント"MOSH PIT BUSTER"や"MORE FUN"を企画。また、ライブでのカメラマンとして活動し、彼女の捉えた「その瞬間=写真」からはその場の空気感や音楽までも感じ取ることができる。本企画では初の音楽以外の出演となります。
http://www.flickr.com/photos/noka_photography/

■distro shop
unk distro
http://unkdistro.cart.fc2.com/

hand in hand distro
http://kikoenai.exblog.jp/i10/


[info] http://nuclearss.exblog.jp


この企画を始めた当初から、観に来てくれた方が"何か"をはじめるきっかけになったらなと思ってます。至ってシンプルに、自分の想うことをするだけ。

to overflow evidence "車窓の景色は揺れる"

[PR]

by kikoenaifuri | 2012-03-05 22:19 | diary

2月のライブを終えて

昨日は青森市にあるロックバーまんぶるずにてライブでした。2月はこれ1本ですが、ツイッターで3月の告知をしているので、何だか結構バンド活動をしていた気がします。
午前中は仕事をして午後2時過ぎに何とか切り抜け、浪岡より高速に飛び乗り、ギリギリでリハに間に合うといった感じ。いやいや、青森に入ると一気に雪が増えてドキドキしました。リハも順調に終わり、お客さんが入り始めると既に身動きが取れない。まんぶるずは小さな会場で、どの位お客さんが入ったのか分からないのですが、もう凄い熱気でした。今年は小さい所でもライブをしていくという一つの目的があったので、その雰囲気は凄く心地良いものでした。弘前で言うとオレカンのカウンターがあるスペース位でしょうか。そんな中、最初は"ひとりごえ"。何度か観てますが、やっぱり良い曲。歌メロ、ギター共に素晴らしい響きでした。さくごえも格好良いですが、ひとりごえの音楽もまた一聴の価値有りです!2番手は"Dolly"。青森の所謂ポストロック/エレクトロニカの代表格と思っている彼らですが、場所も場所だけにフルメンバーは厳しいんだろうなと思っていたら、まさかのフルメンバー!シバさんがキーボード無しのピンボーカル、マーさんのアコギ等々、普段とまた違ったアレンジで気持ち良くのせられました。やっぱスゴいな、あのバンドは。久々にご一緒出来て嬉しかったです。そして、噂に聞いていた"コスモス"。もう異空間でした。何か見ちゃいけないものを見ているようなシアトリカルな展開。なのに、どこか心に優しく語りかけてくるような不思議な感じでした。企画にも誘っていきたいバンドがまた増えました。最後はうちら。コスモスがまさかのアンコールで最高にやり辛い場を提供されました(笑)と言うものの、自分でも喜んでアンコールしてましたが。世界を描く→ナナイロ→水葬→八月の朝焼けの4曲を演奏させて頂きました。照明や音響等、色々と考えて演出してくれたのは本当に嬉しかったです。音響面はかなりダビーな感じだったのではないでしょうか?久しぶりのAll-Toneさんとの共演を楽しませて頂きました。まんぶるずの方とも、八戸でこだま和文さんとご一緒させて頂いた時以来でしたが、まさかこの様な形で再会するとは思ってもいなかったので嬉しい限りです。まんぶるずではまたやりたいです。出演者の皆さん、まんぶるずさん、All-Toneさん、誘ってくれたDolly大内さん、来て下さった皆さん、来たくても来れなかった皆さんも、本当に本当にありがとうございました!

壁に飾られたスターリンのSTOP JAPのアナログが、自分の心を中学3年生の頃へ引き戻して、音楽を聴き始めた頃の感覚を思い出させてくれました。素直に音を楽しめるバンドをやろうと思います。自分のやりたいこと。自分の目指すとこ。そこに向かって、想いを共有できる人間と一緒にやっていこうと。とあるブログを読んで感じた。誰かを敵にすることで自分の欲求を満たすようなことはしないように。考え方はそれぞれなんだから、「合う・合わない」と「良い・悪い」は別なんじゃないかと。合わないならそっとしておいて。足を引っ張ることだけはしない様にしよう。君は君の考えで、僕は僕の考えで進んだら良いのだ。

さて、今日は良いニュースも飛び込んで参りました!3月の企画もこれからという感じですが、取り敢えず6/23(土)と24(日)は連チャンでレーベル企画になりそうです。23日は東京からakutagawaを招いてのnuclear soundscape。青森市の若手カオティック激情HCバンドkallaqriが出演します。24日はとある2マンを予定しております。2日来た方に何かプレゼントしようかなと勝手に考えております。取り敢えず自分が仕事を休めるかが1番のネックです…



[PR]

by kikoenaifuri | 2012-02-21 01:24 | diary

Sangre mixta

明日、久方ぶりに青森市でライブをさせて頂きます。今回の会場である"まんぶるず"はお初です!
出演陣も強力なもんで楽しみです。お時間ありましたらゼヒお越し下さい。来場者の方には今回のライブ出演陣のサンプラーも配布される予定です。予約も絶賛受け付け中ですのでヨロシクお願いいたします。

2012年2月19(日)
@ Rock & Blues Bar まんぶるず(青森県青森市)

【Sangre mixta】

open/start 17:30/18:00
adv/door ¥1,000(w/1drink)

■Dolly(青森)


■コスモス(青森)


■ひとりごえ(from さくごえ/青森)


■聞こえないふりをした(弘前)


予約はnorthmalllab@yahoo.co.jpまで!


ついでなので、ちょっとやりたいこと、と言うか誰かやってくれる人を探してることを書き綴っておきます。
まずは、女性ba/vo、g、カホン、sample/effectの4人編成のサッドコア/スローコアバンド。もう1つは、bauhausの様なポジパンが基本にありつつも、ちょいハイな感じのバンド。YOLZ IN THE SKYの様な硬質なサウンドにドロッとした雰囲気のあるバンド。

何かやってみたい人はご一報下さい。こうやって書いておくのと書かないのじゃ違うので。ま、単純にこんなバンドが居たらレーベルで音源出したいなという話。誰かやってみて下さい!


取り敢えずは明日、青森市まんぶるずにてお待ちしております!!!
[PR]

by kikoenaifuri | 2012-02-18 22:17 | diary

創造すること。想像すること。

1ヶ月以上も日記を書いていない。

書きたいことや言いたいことや聞いてもらいたいことや想い・考えを共有してほしいこと、沢山あり過ぎて何から書いて良いか分からないけど、書き綴っておかなければ、「良いこと」も「悪いこと」も誰にも伝わらないのだと思う。だから、少しでも書き綴っておきます。

1月のライブはマグネットの新春ライブ、名古屋から石原ヨシトさんを招聘しての自主企画。新春は毎年恒例。懲りずに呼んで頂けるのは有難いことです。自主企画では初のスタジオライブ。と言いつつも、前に組んでたバンドでも1回やったことあるんですが、正式にやったのは今回が初めて。当日はマサトさんのご協力で、Ustでの配信もしました。そんな数では無いですが、県外の方も観て下さったようです。石原さんとは毎年1回は必ず共演している、県外のアーティストだと割と高い頻度で一緒にやらせてもらってます。今回はちょっと風邪をこじらせていたようですが、相変わらず好きなアーティストです。今年はもう1回出来るかもしれないので、今回来れなかった方は次回是非ともお越しいただきたいと思います。

ここ最近では、indies issue(http://indiesissue.net/saito/indies_issue.html)という雑誌で、京都のシンガーソングライターゆーきゃんさんのコラムでレーベルのことや鳴海徹朗さんのことを紹介して頂いた。地方の音楽に関すること、青森・弘前のことなど丸々1ページを使ってくれていた。小さく細々と活動してきたことが、鳴海徹朗というシンガーを通して、日本のインディーシーンを捉える雑誌に掲載されるということは、本当に喜ばしいことだと思います。弘前では紀伊国屋で取り扱いがあるそうなので、内容は是非購入して確認してほしいです。その記事に書かれていることは「今年やってみよう!」と鳴海さんと話してるので期待していて下さい。

そして、今後の活動として3月11日にレーベルから2アーティストの作品をリリースする予定です。アンビエント・エレクトロニカ作家のYuragi Spinの1st音源"帆は輝きて今、樹間過ぐ"、弘前を拠点に活動するBa/Vo+Drの2ピースバンドVALONのBa/Voノムラケイスケのアートブックとサントラ的な音源がセットになった"miu"。そして、リリース当日はレーベルイベント"nuclear soundscape(http://nuclearss.exblog.jp)"も開催することとなっています。仙台からNoeye、CONTRAIREという日本インディーシーンとリンクし、仙台のシーンを牽引する若手2バンドが来弘します。カオティック、ポストハードコア、エモ、インスト、アンビエント、ヒップホップ、オルタナ…様々な音楽もあり、写真展示もあり、普段弘前じゃ買えないCD販売有りといった内容になっています。ゼヒとも遊びに来てほしいです!また、6月には昨年10月にニューアルバム"dawn"をリリースしたakutagawaが来弘します。詳細はこれからですが、こちらも今までなら弘前で観ることができなかったバンドですのでゼヒ!

今年は企画もリリースも盛り沢山になると思います。青森・弘前で創造されるモノをゼヒ手に取って頂ければ嬉しいです。少し夢物語的なイベントもやってみたいと思ったりしてます。音楽に限らず、この街で作られる農作物、クラフト、アート、音楽なんかが、街のそこかしこに広がっているようなイベント。個人的に伝手もコネも無い中でどこまで出来るのか少しでも試せたらなと思います。県外からもお客さんが来てくれたらと視野を広げて取り組みたい。来年秋、秋田デスティネーションキャンペーンが開催され、弘前もまたそのキャンペーンに加わります。その辺りに食い込めるようなもの。この街で創造されるモノが、他地域の人にも届くんじゃないかという可能性を追ってみたいと思います。なんて大きなことを言っていますが、小さくても出来ること、面白いことを相変わらずやっていきたいです。

最後に告知。
今週末、2月19日(日)に久方振りに青森で演奏させて頂きます。青森市にある"まんぶるず"というバーのイベントです。青森市から濃厚なメンツが出演するのでワクワクしています。

2012年2月19日(日)
@ Rock & Blues Bar まんぶるず(青森市)

"Sangre mixta"

open/start 17:30/18:00
adv/door ¥1,000 (w/1drink)

live artist
Dolly(青森), コスモス(青森), ひとりごえ(from さくごえ/青森), 聞こえないふりをした(弘前)

絶賛予約受付中ですので、ゼヒともお願いします!(必死)
[PR]

by kikoenaifuri | 2012-02-15 02:26 | diary

陽は昇る。

2012年、今年をどんな年にしようかと色々考えている間に1週間が過ぎてしまいました。
大晦日に年越しそばの振舞をして年越しをして、翌元旦は仕事、その後は若手バンドマンとの飲みを楽しませてもらった。毎年恒例となっている高校時代の友達飲みは無くなって寂しいが、次回は盛大にやれれば良いなと思ってます。

相変わらず仕事仕事な感じだけど、バンドの方も昨年末辺りから色々と良いお話を頂いたりしてます。今年は仕事もバンド(音楽以外のバンドを通して得られたモノ)も線で繋がっていくような、そんな年にしたいと思っています。毎年思っていることであり、今の仕事に就いたのもこんな想いからでした。同じ世代の人間がどんどん町を離れている現実を見て、「この町じゃ何も出来ないんだろうか」ということばかり考えていた日々が今では懐かしく思います。今の仕事をしているといろんな柵に悩まされたりもしますが、それが等身大のこの町なんだとも思いますし、それをどうクリアするかという事を考えるだけでも今は楽しかったりもします。若い才能やアイディアが埋もれてしまわないように、仕事やプライベートの中でどういう方法で勝負するか。それが今の自分の出来る事なんじゃないかと思っています。地元の良いモノをしっかりと外へ発信する。それは産業もしかり、風景もしかり、人もしかり。柵を乗り越えた先に見えるモノを信じています。

今日、それがしっかりとした形で現れたモノがありました。自分らが運営している小さなレーベル【nor thmall lab(ノースモールラボ)】から、昨年3月にリリースした【鳴海徹朗(http://chiisananiwa.blogspot.com/)】さんの『美しい叫び』という音源が、京都のレコード屋【Sunrain Records(http://d.hatena.ne.jp/sunrain/20120107/1325944957)】の年間チャート6位を獲得しました。「オリコンとかじゃねぇのかよ」と思う方々も居るかと思いますが(居ないか)、自分にとっては本当に大きな出来事の1つです。青森県という場所に住んでいる人間が作った音楽が全国に届くこと、しかも大きなバックアップもある訳ではない作品が、人と人の繋がりからこうしていろんな方へ聴いて頂ける事が本当に嬉しいです。もう少しで廃盤になってしまいますが、未聴の方は【青森】の音楽をしっかりと聴いて頂ければと思います。彼は今年2nd音源もリリースする予定です。個人的にとても楽しみなリリースです。音楽活動の中で前から思っていた事を昨日ツイッターで述べました。【ここ最近、青森に色んなバンド・歌い手さんを呼んでくれる方が多い。そんな中、地元のバンドも対バンとして起用してくれることが本当に有り難い。外から呼ぶことだけが重要なんじゃなく、地元の音楽を外へ発信することも本当大事。それに伴う事をやっているかどうかも重要。】ということ。これを抜かしてしまったら意味が無い。柵やコネクション、そんなものを取っ払っていける年にしよう。良いモノだけがしっかりと発信されれば良いと思う。いや、発信しようと思っています。


レーベル関連では、恐らく今年1発目のリリースが3月11日となります。青森で活動している【yuragi spin(http://soundcloud.com/yuragi_spin)】という方の音源です。この作品を皮切りに今年も数作品リリースしようと思ってます。バンドとしては、今年の秋頃に東京で初ライブをする予定です。詳細はまだ言えませんが、恐らく東京に行くと思います。その時にはしっかりと音源も持っていきたいと思います。その他にも色々とお話が出ていたり、県内の音楽事情が動き出すと思います。

まずは、明日と1月14日にライブをします!詳細はhttp://kikoenai.exblog.jp/6840106/を是非ともご覧下さい!

さ、仕事に戻ります。
[PR]

by kikoenaifuri | 2012-01-08 12:41 | diary

白く滲み出す世界

あっという間に2011年も終了。色々あったな。
と思いながら、これから仕事に向かわないと!と考えるとちょっと辛いもんです。

バンドとしては、またしても音源を作れなかったのが1番残念。ようやくゆっくりと音楽に向き合えるようになってきました。まだまだですが、曲も少しずつ作れるようになりました。形にするとなると色々やりたいことが出てきて、先に進まないってのもあり、曲のクオリティも気になり、前へ進まずまた年を越すこととなりました。来年はアルバムをリリースして、もう少しでライブをしたいなと思います。それでも、県外でのライブもちょこちょこやらせてもらったり、本当楽しかったです。

レーベルについては、リリースが鳴海徹朗さんの音源1枚のみ。もうちょいリリースしたかったのですが、こればっかりはなかなか自分の都合だけではいかないので。しかし、この鳴海さんの『美しい叫び』がまた1歩、じゃなくて何歩もレーベルを前進させてくれました。鳴海さんの音源をリリース出来たことは凄く嬉しい事の一つです。しっかり外へ向けて発信できる地元の音楽家の1人。そういう方と一緒に何か出来る事は本当素敵なことと感じてます。イベントはちょこちょことやることが出来たのでまずまず。
数年前、大好きなハードコアバンドの音源を通販した際、添えられた手紙を読んで、「もう少しやらないと」と思った。誰も知らないレーベル、地元じゃ「レーベル」って言葉すらしっくり来ないような、そんな活動をひっそりと続けることは容易いことでは無かった。はっきり言ってバンドにおんぶにだっこ状態で始めたレーベル。少しでも弘前の音楽を外へ外へと発信しようと思いながら活動しているけど、この街の音楽シーンに何かを伝えられたとはまだまだ言えないのは残念。けれど、実際に県外の方でレーベル作品を取り扱ってくれているという事実はあるので、また来年も色々とリリースしたいと思います。買って下さいw


取り敢えず来年も頑張ります!
今年もありがとうございました。良いお年を!




2012年1月14日(土)

聞こえないふりをした presents
"放れる群像"

@ Musik Ⅱ

open/start tba
adv/door tba

石原ヨシト(名古屋)、聞こえないふりをした
[PR]

by kikoenaifuri | 2011-12-31 19:09 | diary

凍てつく光

11月のライブにお越し頂いた方々、本当にありがとうございました!
nuclear soundscapeは、今回theartsutraとの共同企画ということで開催いたしました。総勢11バンド、2ステージ制で行うってのも初の試みですね。個人的には、地元なはずなのにゲストバンドより完全に浮いていたということが面白かったです。バタバタし過ぎて演奏もなかなか…。難しいものですね。それでも、沢山のお客さんが来てくれたことが嬉しかったです。翌日は八戸ということもあり、打ち上げは早々に切り上げ。

が、何とまさかの出発時間が遅れてしまって、八戸には出番ギリギリの到着に…。関係者の皆様すみませんでした。急いでリハ。スタッフは、昨年の三内丸山のイベントで音響をやって頂いていた会社の皆さんでした。はっち、素晴らしくやり易かったです。気持ち良かった。弘前ではあまり声を掛けてくれる方もいないのですが、八戸は毎回お客さんとお話出来るので(声を掛けてくれるので)、それもまた楽しみの一つなんです。「はっち市」というイベント自体も本当に楽しくて、公私共に刺激を受けてきました。何とか活かしていければと思う日々を過ごしています。

そんなこんなで、今年のライブは取り敢えず終了しました。今1件、お誘い頂いているのもあるのですが、個人的に仕事の予定でやれるかどうか微妙な状況です。また進展があったら告知いたします。
そんでもって来年は、弘前市のムジークⅡというスタジオでのライブから幕を開ける感じですかね。名古屋から三度、石原ヨシトをゲストに招いてのライブ。詳細はこれからになりますが、また何かやってみようと思ってます。ゼヒとも。それと、2月~3月は青森市のイベントにお誘い頂いているので出演予定です。レーベルとしての動きもあるかと思います。オムニバスは作っておきたいところです。しっかりと地に足を付けた活動をしたいものです。
[PR]

by kikoenaifuri | 2011-12-11 00:33 | diary

足音と青空

先日まで長崎に出張してました。原爆資料館や軍艦島上陸と滅多に出来ない体験をしてきました。原爆資料館は感慨深いものがありました。

そんでもって、今週土曜日に今年3回目の「nuclear soundscape」を開催します!

c0134667_12423164.jpg
2011年11月26日(土) @ 弘前Mag-Net

nor thmall lab presents
"nuclear soundscape"

open/start 15:30/15:45
adv/door ¥1,500/¥1,800 (+1drink ¥500)
※高校生以下は身分証提示で¥500(+1drink ¥500)で入場いただけます。

fifi(東京)
channel 8(仙台)
WEED(秋田)
Re:Turn(八戸)
cash number
FAT GILE
YOURCALL
DEAD STOCK
FATMAN SEMINAR
theartsutra
聞こえないふりをした

[info] http://nuclearss.exblog.jp

今回は、fifiとchannel8、更にはtheartsutraのトリプルレコ発です。総勢11バンドでのライブは、ステージとフロアを使用する2ステージ制の、もはや祭り状態!高校生以下は格安で入場できますよ!
フライヤーもギリギリ完成させております。ぜひぜひお越しください!


翌日は八戸市はっちで行われる"はっち市"へ参加します。
c0134667_12432521.jpg

26、27日2日間で行われるイベントの2日目に出演です。何やらえんぶりの次の演奏だそうで、テンション上がります!こうしたイベントへお誘い頂けるのも本当に嬉しいです。自分に出来ることって限られてますが、それをもって色んな人・モノと繋がれる幸せを実感します。
詳細はこちら!http://hacchi.jp/ha/programs2/hacchiichi/index.html 


同日夜には八戸ROXXでRe:Turn企画もあり、Jamie Squeezeが出演しますので、南部の方はこちらも是非是非お願いいたします。

この2日間で、今年の"聞こえないふりをした"のライブはひとまず終了です。小さい所で何かやりたいなとは考えてますが、日程等調整できるか分からないので何とも言えず。音源製作も結局腰を据えて行う時間が持てず、延び延びになってます(泣)作りたいと焦る気持ちばっかりですが、取りあえず落ち着くまでは辛抱して、じっくり良いモノを作ります。確実に面白いモノを作ります。待って下さっている方が少なからず居らっしゃると信じておりますので、アレもコレもぶち込んでやります!「良いモノ」とは自分からは言わないけれど、必ず「面白いモノ」にはします。何年も待って頂いてる方へ早くお届けしたいと思います。それまで、バンドキャンプに水葬の新しいデモをアップしてます。宜しければダウンロードして聴いて下さい!


ではでは、今週末のライブでお会いしましょう!
[PR]

by kikoenaifuri | 2011-11-23 12:44 | diary