私の思い出話。


前にやっていたHeNoCageというバンドでQUAKER MEETINGと出会ってなかったら、今みたいな企画はやっていないだろうなと、この映像を観ていて思いました。確か、BELLINIがTemporary Residenceから出した"Small Stones"というアルバムをSEに使っていたことから話しかけてみたはず。Temporaryなんてレーベルを知ってる人なんて弘前(少なくとも私の周り)には居なかったから無性に嬉しくて話し掛けた。場所は亀ハウスだった。
彼らを招聘して2daysライブもやりました。underground photographiesという写真グループの展覧会でのアコースティック企画、翌日亀ハウスでバンドという企画でした。この日が実質前のバンドの解散ライブ。その直後に今の聞こえないふりをしたを結成。初めはライブはやらないつもりで、ただ音源をばら撒いて楽しもうと思って活動を開始。そうこうしてる間に亀ハウスからライブのお誘いが。

解散するのも、始まるのも、大事な人間と出会ったのもこの場所だった。
私が亀ハウスで企画をする理由が少しでも分かってもらえたら幸いです。



しつこいですが、6/23に亀ハウスで企画やります。
nuclear soundscape http://nuclearss.exblog.jp
[PR]

by kikoenaifuri | 2012-05-27 23:41 | diary

サイダー

先週土曜日は亀ハウスでライブでした。高校生との対バンでしたが、あえなく撃沈…。高校生の子達はバンプオブチキンやラッドウィンプスとかのコピーしてました。微笑ましかったです。高校生の頃はスピッツやら相川七瀬のコピーをしてたのを思い出しました。ギターが弾けなくて特訓しましたが、今も変わらずギター弾けないです(笑)オリジナルも一曲作ったんだよな~。あ~だこ~だ言いながら作ったのが懐かしいです。今はもう弾けないだろうな。対バンした子達も何れオリジナルを作ってガンガンライブしてくれたら良いなと思います。色んな音楽を聴ける環境を作ってるつもりなんだけど、なかなか上手く伝わらない。結局はマイノリティな音楽だとは分かりつつも、やっぱり売れてる音楽だけが良いわけじゃなく、ひっそりとこの街で鳴らされている音楽も素晴らしいということは伝えたいと思う。と、そんな思いを持っている(と思う)人達が今週末やらかしますので、時間がある方は遊びに行ってみてはどうでしょうか?価値観ぶっ壊されると思います。


2012年05月25日(金) @青森サブライム
【Hardiness plants (耐寒性植物) Vol.01】
open/start 18:30/19:00
adv/door ¥2,000/¥2,500(+1D ¥500)
[Live]
RUMI & DJ SKYFISH(東京)
SOURCE AGE(青森)
A9(青森)
NortHempire(三八)


2012年5月26日(土) @青森サブライム
【マメピーpresents 無差別音楽祭 Vol.4】
open/start 18:30/19:00
adv/door ¥2,000/¥2500(w/1D)
[Live]
グーミ(千葉)
あいつのアフォーダンス(盛岡)
ATHLETiX(青森)
鳴海徹朗(黒石)
エイイチロウ(青森)
HELLA GOODNESS(DIZO x yellowsubmarine)(弘前)


2012年5月27(日) @弘前Mag-Net
【第8回『寛とふきたの北枕ツアー2012』】
open/start 17:30/18:00
adv/door ¥3,000/¥3,500(+1D ¥500)
[Live]
三上 寛
ふきた、又はPopland off gallery
コスモス
小山内 薫(津軽三味線)
MONK(sensitive DJ)
花田 カズオ(超常モヒカン)
堀内克之(暗黒映像紙芝居師)
石田ハジメ(変幻自在天災ギタリスト)
雲運堂 運雲(ambient goa DJ)
シンゴクラスタール(愛の毒性フリースタイラー)
... and more

※「北枕ツアー」とは、あらゆる表現者達が全力で交差する地下娯楽である。


自分らのライブは6月に2本です。まずは自主企画が1本、青森で1本。

何ヶ月も前から告知しておりますが、東京からakutagawaを招いてのリリースツアーです。最近彼らの3枚の音源を聴き直してますが、本当に素晴らしい。どの音源も色合いが違うのですが、歌メロの良さ、様々なジャンルがクロスオーバーする楽曲と芯は変わらず、本当に聴いていて鳥肌が立ちます。ライブ観たら多分泣くんじゃないかと思います。聴いたことなくても音楽好きという人なら必ず納得できるはずです!ヨロシクお願いします!

2012年6月23日(土) @弘前亀ハウス
nor thmall lab presents
【nuclear soundscape -akutagawa "dawn" release tour】
open/start 17:30/18:00
adv/door ¥1,500/¥2,000(w/1D)
※高校生以下は身分証提示で500円+1Dで入場可能
[Live]
akutagawa(東京)
kallaqri(青森)
Source age(青森)
Jamie Squeeze(弘前)
聞こえないふりをした(弘前)
【ホームページ】 http://nuclearss.exblog.jp


翌週は企画の度に誘ってくれるアースアースの企画。今回はいよいよ全国流通のアルバムがリリースされる彼らと、彼らの盟友であり、現在のジャパニーズシューゲイザーシーンを牽引する盛岡のPLASTIC GIRL IN CLOSETのWレコ発!青森からは青森が世界に誇るシューゲイザーバンドCa-P、シンセ2人を含む6ピースインストバンドqartが出演します!

2012年6月30日(土) @青森サブライム
The Earth Earth presents
【Up Side Down In A Roller Coaster #3】
open/start 19:15/19:30
adv/door ¥1,500/¥2,000(+1D ¥500)
[Live]
The Earth Earth(青森)
PLASTIC GIRL IN CLOSET(盛岡)
Ca-P(青森)
qart(青森)
聞こえないふりをした(弘前)

6月24日は森ゆにさんと鳴海徹朗氏の2マンがあります。この23日、24日の両日ご来場の方へプレゼントする音源を準備しております。鳴海徹朗氏とうちらの共作で、京都のSSWゆーきゃんさんの"サイダー"という楽曲を制作しています。オリジナルとはちょっと趣の違う風合いになってます。お盆過ぎの夏の海の静けや寂しささみたいな、青森独特の空気感を詰め込めたらと思ってます。ライブ終了後の販売やネット環境での試聴等は絶対しませんので、ゼヒ両日遊びに来て手に取ってみて下さい。


[PR]

by kikoenaifuri | 2012-05-23 21:24 | diary

音楽が鳴らされて、僕らの鼓膜に突き刺さる。

久し振りにスタジオに入って3人で演奏してきた。3人で演奏するのは3月のマメピー企画以来かな。僕らは滅多にスタジオに入れないので毎度毎度凄く新鮮な気分になる。バンドとしては良いことではないのだろうけど、色んな事情を抱えながら活動しているので割り切っている部分はある。でも、3人で音を出すとス~っと体に馴染むというか、ワクワクするというか、単純に楽しいと思える。隣の部屋から聞こえるバンドの音に聞き入ってしまったり、純粋に音楽が好きだと思える自分が居る。
CDが売れない時代で、みんな音楽なんて興味が無くなったんだと思っていたけど、音楽は聴かれてるんだよね。ネットでダウンロードしたり、何だかんだで。街を行く高校生や大学生、色んな人がイヤホンを耳に突っ込んで思い思いに音楽を楽しんでいるんだろうと思う。そんな子達にもライブハウスや色んな場所で鳴らされている生の音楽を聴いてもらいたい。体感することって凄く大事なことだと思っている。音楽はバーチャルな物だけじゃないんだと知ってもらえたら、どんなに嬉しいことだろう。

僕らはライブバンドなんです。

2012/05/19(sat) @ 弘前亀ハウス
"Kick Us Vol.10"
【open/start】 16:30/17:00
【adv/door】 ¥500/¥600 (+1drink)
【Live】
Sharanaim http://48.xmbs.jp/sharanaim/
杏仁cute http://80.xmbs.jp/annincute/?guid=on
swate
聞こえないふりをした

高校生バンド3組とご一緒します。BUMP OF CHICKENのコピーをやってるみたい。本当に楽しみだ!
明日、明後日は色んな場所でライブがあります。Mag-NetではWATERFALL企画。八戸ではいつもお世話になっているFLATの6周年企画。日曜は岩木山にて山Rock 2012が開催されます。身近に色んな音楽があふれています。ゼヒ現場で生の音を楽しんでもらいたいです。
[PR]

by kikoenaifuri | 2012-05-18 23:05 | diary

自主企画について

akutagawaのホームページに弘前ライブの詳細が掲載されました。
初めてメールをしてから2年半後に実現するライブ。僕らが企画する【nuclear soundscape】は常に青森、弘前に来た事の無いバンドを招聘することを重点的に行っています。少なくとも僕が誘わせてもらったバンドはそう。伝手も何も無いバンドへ、ただただライブが観たい!とメールを送り続ける作業。
初めての企画で誘ったabout meは、確か桜祭りの駐車場当番をやっている時に決定した。ボーカルの加藤さんと電話したのが懐かしい。山形のVHRとmoor worksとの共同リリースは、僕にとって非常に興味深い存在だった。企画当日、青森へ向かうabout meを岩手・宮城内陸地震が襲った。高速のサービスエリアに居たとのこと。初めての企画、初めて青森でライブをするバンドがこんな目に合うとは予想もしていなかったのと同時に大変申し訳なくなった。それでも、ライブではそんな事を気にさせないステージで、これがCDやDVDで聴いたバンドなんだと凄く感慨深かった。
次に僕が呼んだのはdinner。インストバンドという物を意識し始めた頃に聴いていたバンド。僕の中で「dinnerを亀ハウスで観たい」というのが、この自主企画をやり始めた原点なんです。これも実現するまで1年近く掛かったライブ。なかなかタイミングが合わず、2度ほど振り出しに戻ったりした。そんな中で、自主企画の原点を開催出来たことが凄く嬉しかった。その後dinnerとはことある毎に対バンさせてもらっている。不思議なものだなと、心底感じている。
4回目の企画は、東京から3バンドを招聘してのリリースツアーをサポート。free ride managementの音源をディストロで取り扱う時のメールのやり取りの中で、「いつか一緒にやりましょう」と橋本さんと話していた。それから間髪置かずに吉祥寺WARPのレーベルREVOLUTION TEMPLEのコンピリリースツアーの話を頂いた。2つ返事で企画をすることにした。彼らと一緒に処理デキズ、彷徨う豚の全3バンドを招聘しての企画。レーベル絡みのリリースツアーを招聘するのは初めてで、どうやって段取りするかも分からなかったけど、何だかとても楽しかった。今考えると、こうした受け入れ態勢を整えたいという思いもあったから楽しめたんだろうと思います。彷徨う豚は急きょキャンセルというハプニングもありつつ、2バンドともとんでもなく格好良いライブだった。
5回目は東日本大震災後にJamieマサトさんと企画をやろうと段取り。初めて盛岡でライブをした時に一緒にやらせてもらったdream scum trueに声を掛けたら即オッケーだった。盛岡でのライブ以前から名前を見掛けて気になっていたドリスカとは、ライブ当日色々と話をさせてもらった。初めて会ったのに、強烈なライブパフォーマンスをする人達なのに、凄く優しい印象を受けた。こんなライブを弘前の人が観たらどう思うだろうかと、凄く興味深かった。バドミントンのシャトルが地面に落ちた瞬間に音が止まるという演出。最高に格好良かった。
翌月はcirceのリリースツアーをサポート。上海出張翌日のこと。この年の1月にmalcheese企画でnameme鈴木君と知り合い、その縁でリリースツアーを企画。この時初めて、所謂純粋なロック以外の面子の3マンを企画。インスト2つとヒップホップ。集客は1ケタ。circe、DIZO×シンゴクラスタールと、良い面子だっただけにかなり凹んだのを思い出す。幾ら良い面子でも、それを観てもらえない悔しさばかりだったけど、来てくれた方はcirceの音源を買ってくれたのが救いだった。打ち上げではcirceの野内さんと「何故企画をやっているのか」について話した。企画する意義を再確認したものの、この頃から企画を止めようと考えるようになったいった。

企画をやる理由って一体何だったんだろうかと。レーベルも然り。自分がやりたいこと、伝えたいものを発信することが最大の理由だったはず。普段ライブハウスに来ない人でもこんな音楽を好きな人は居るはずで、そんな人がうちらの企画でライブハウスに足を運んでくれたら嬉しいなとか、自分がやってみたいことというのは、自分でアクションを起こしたら実現できる可能性があることを知って欲しいと思ったり。こんな田舎からだけど、何かやれるんじゃないかと。だけど、それが伝わらないこと、それだけじゃ続けることの出来ない現実はかなり応えた。

なんて悩んでいる頃に、今年起こる様々なことが舞い込んだ。
3月のNoeyeとCONTRAIREのリリースライブ。6月のakutagawaのリリースツアー。9月の東京ライブ。
また、少しだけ時間をもらった気がした。だから観に来て欲しいと思うのです。6月23日は亀ハウスでakutagawaのリリースツアー弘前編です。2年半越しのライブです。僕にとっては途轍もなく大きな企画です。



【nuclear soundscape vol.9 - akutagawa "dawn" release tour - 】

■2012.06.23(sat)

■@ LIVEHOUSE 亀HOUSE (青森県弘前市富野町9-10)

■open/start 17:30/18:00

■adv/door ¥1,500/¥2,000 (w/1drink)

■live artists

akutagawa (東京)
2001年、山形にて結成されたakutagawa。彼らが紡ぎだすアンサンブルは多くのリスナーを魅了し続け、山形のローカルシーンのみならず、日本のインディペンデントシーンの最重要バンドの1つである。現在は活動拠点を東京へ移し、2011年10月に約5年振りとなる待望の新作"dawn"を自主レーベルAlpinistaよりリリース。オルタナ、ハードコア、ポストロック等の要素を昇華しつつ、聴く者の琴線に触れるメロディライン、哲学的且つリアリティある詞世界は、彼らにしか表現することの出来ない、唯一無二の音楽である。
青森での初ライブは、彼らのリリースツアー青森/弘前編として開催される。圧倒的な世界観を生み出す彼らのライブをぜひ!

kallaqri (青森)
2006年に結成された、ボーカル、ギター、ツインベース、ドラムの変則5ピース激情ハードコアバンド。幾度かのメンバーチェンジ後、現メンバーになる。唄い叫ぶボーカル吉田のステージング、それを支える叙情的且つ激情的な楽器隊は、まるで一つの舞台作品を観ているかの様である。青森屈指の若手ハードコアバンドとして、県外でも積極的にライブ展開をしている。

Source age (青森)
1995年に結成し、青森市を中心に活動する。2009年には、青森を代表するシューゲイザーバンドCa-Pとのsplitを発表。ヒリヒリと切れ味鋭い楽器隊の絡みが生み出すスリリングな展開。正真正銘、青森至高のポストハードコアバンド!音に真摯に向き合う彼らのライブをその目で確かめて欲しい。

Jamie Squeeze (弘前)
2004年 船水、前任のb、drで結成。活動休止/幾度かのメンバーチェンジを経て現メンバーとなる。2枚のデモ音源を発売。2009年春には弘前のローカルレーベル[nor thmall lab]より6曲入りCD[invisible will]を発売し、県内外のリスナーから支持されている。

聞こえないふりをした (弘前)
2007年夏結成/(基本的に)インストゥルメンタルバンド。
ambient/drone/electronica/noise等の要素を取り入れた楽曲を軸に、青森県内(外)でマイペースにライブ活動を行う。lostage、こだま和文、石橋英子×千住宗臣、近藤等則らのフロントアクトを務める。



[PR]

by kikoenaifuri | 2012-05-10 00:29 | diary

葉桜と通り雨

やっとこさ桜祭りも本日で終了。長かった様で、終わってみればあっという間。毎年毎年、そう感じます。疲弊しきった顔で、何とか空元気で踏ん張るという感じは毎度のこと。ここで休めると思ったら大間違いで次々に出てくる難題もクリアしないといけない感じです。

が、ようやくバンドモードにも戻ります。まず、うちらは出ないんですが、おススメイベントの紹介です。

5月19日、20日は我らがAll-Tone氏が仕掛けるCoba-Uの青森2デイズ!
うちらが八戸でライブさせてもらっているFLATの6周年イベントです!おめでとうございます!
詳細については、こちらのHPを!
http://colorfulmerry.blog.so-net.ne.jp/2012-04-19


そして、青森に新しい風を吹かせてくれるダイチさんの企画1発目!いつも仲良くさせてもらってる青森の最重要バンドSource age、HCバンドA9、そして南部からNortHempireがRUMI & DJ SKYFISHをサポートします。

2012年05月25日(金) @青森サブライム
【Hardiness plants (耐寒性植物) Vol.01】
open/start 18:30/19:00
adv/door \2,000/\2,500(+1D \500)
[Live]
RUMI & DJ SKYFISH(東京)
SOURCE AGE(青森)
A9(青森)
NortHempire(三八)


翌日は、nor thmall labからリリースしている鳴海徹朗さん、僕らの企画にも出演してくれてるDIZO君が出演しますので、皆さん挙って遊びに行ってください!DIZO君はうちらの企画で出演している形態とは違うユニットで登場します。観たかった!!

2012年5月26日(土) @青森サブライム
【マメピーpresents 無差別音楽祭 Vol.4】
open/start 18:30/19:00
adv/door \2,000/\2500(w/1D)
[Live]
グーミ(千葉)
あいつのアフォーダンス(盛岡)
ATHLETiX(青森)
鳴海徹朗(黒石)
エイイチロウ(青森)
HELLA GOODNESS(DIZO x yellowsubmarine)(弘前)


そして更に翌日、シンゴクラスタール君が出演する青森の魑魅魍魎達が蠢くイベントも開催されます!

2012年5月27(日) @弘前Mag-Net
【第8回『寛とふきたの北枕ツアー2012』】
open/start 17:30/18:00
adv/door \3,000/\3,500(+1D \500)
[Live]
三上 寛
ふきた、又はPopland off gallery
コスモス
小山内 薫(津軽三味線)
MONK(sensitive DJ)
花田 カズオ(超常モヒカン)
堀内克之(暗黒映像紙芝居師)
石田ハジメ(変幻自在天災ギタリスト)
雲運堂 運雲(ambient goa DJ)
シンゴクラスタール(愛の毒性フリースタイラー)
... and more

*「北枕ツアー」とは、あらゆる表現者達が全力で交差する地下娯楽である。


と、ヤバい位盛り沢山の五月です!どれ行っても楽しめると思います。
うちらは5月19日に高校生と一緒にライブをします。高校生と一緒にやるうちらの浮き具合を観たいという奇特な方はゼヒ!滅多に無い機会なので楽しみたいと思います。高校生を良からぬ方向へ導きたいと思います!マグネットではwaterfall企画もありますんでヨロシクお願いします!
あとは今月いっぱいで、6月の企画の特典音源、オムニバス用の音源をレコーディングします。良いの作ります!
[PR]

by kikoenaifuri | 2012-05-08 00:37 | diary

春雷より

弘前の桜も満開を迎え、明日からは天気が崩れる模様。当初の予想より満開を迎えて、早くも散り始めてますね。明日の雨が気になりますが、まだまだ観れると思いますのでゼヒお越し下さい。明日からは西濠のボート場に居る予定なので、ボート乗船もゼヒ!

取り敢えず聞こえないふりをしたのライブスケジュールを掲載します。コンスタントに月1位でライブが入ってます。都合がつく日にでも遊びに来て下さい!!!!
あとは、今年後半に向けて個人活動も具現化していこうと思います。ドローン、アンビエント色を強めに打ち出したものを今年はやります。良いお話も頂いているので、実現させられるようにします!個人活動に伴い、ライティングやVJが出来る方、ステージセット(オブジェ等)を製作している方等探しています。一緒になにかやりたいので、どなたか情報がありましたら教えて下さい(切実)

2012/05/19(sat) @ 亀ハウス, 弘前, 青森
"Kick Us"
open/start tba
adv/door ¥500/¥600 (+1drink)
w) Sharanaim, 杏仁cute ...and more!!!

2012/06/23(sat) @ 亀ハウス, 弘前, 青森
nor thmall lab presents "nuclear soundscape - akutagawa "dawn" release tour - "
open/start tba
adv/door tba
w) akutagawa(東京), kallaqri(青森), SOURCE AGE(青森), Jamie Squeeze(弘前)

2012/06/30(sat) @ SUBLIME, 青森, 青森
The Earth Earth presents "tba - The Earth Earth & PLASTIC GIRL IN CLOSET release live - "
open/start tba
adv/door tba
w) The Earth Earth(青森), PLASTIC GIRL IN CLOSET(盛岡) ...and more!!!

2012/07/14(sat) @ sunshine, 青森, 青森
"0is"
open/start 17:00/17:30
adv/door ¥1,000
w) athletix(青森), The Earth Earth(青森), kallaqri(青森), Source age(青森)

2012/08/25(sat) @ tba, 青森, 青森
"tba"
open/start tba
adv/door tba
w) tba

2012/09/??(??) @ tba, tba, 東京
"tba"
open/start tba
adv/door tba
w) tba

2012/10/20(土) @ tba, 弘前, 青森
nor thmall lab presents "nuclear soundscape - birth "イシヨ" & send "I send it from here" release party - "
open/start tba
adv/door tba
w) birth(甲府), send(酒田), wakamiya(東京) ...and more!!

6月23日の"nuclear soundscape"と24日の"森ゆに×鳴海徹朗"の両日ご来場された方へプレゼントを準備します。昨年2度来青した京都在住のSSWゆーきゃんさんの「サイダー」という曲のカバー音源を予定しております。演奏は"鳴海徹朗×聞こえないふりをした"です。これから製作するんですが…(笑)良いものを作りますので、ゼヒ両日遊びに来て下さい!



[PR]

by kikoenaifuri | 2012-05-03 00:19 | diary